【平成23年度】全道学校給食用パン品質審査会第1回を開催

平成23年度全道学校給食用パン品質審査会第1回を開催


平成23年7月8日(金)、北海道教育委員会・(財)北海道学校給食会主催の
平成23年度第1回全道学校給食用パン品質審査会が当会2階研修室で開催されました。 
この審査会には、各市町村教育委員会を通じて採取されたパンについての審査が行われ、
北海道製粉連絡協議会の関係製粉会社より派遣いただいた専門家ら6名が審査にあたりました。
採取されたパンは審査員が選定した標準的なパンを基準(80点)として、
パンの外観(皮色・形等)や内相(色・香り・味等)について審査が行われました。

審査の講評
当日は全道63工場でつくられた7種類(道規格6種ほか市町村独自規格)のパンについて審査が行われました。

・久しぶりに審査に参加したが、道産小麦粉100%ですばらしいパンが出来ている。
・他県のパン審査にも参加しているが、外麦使用のパン(他県のパン)と比べて、
 製造が難しい道産麦100%の小麦粉で作られた北海道のパンのレベルの高さに感心した。
 外麦を使用しているパンと遜色が無い。
・近年は天候不順等で道産小麦の品質があまり良くない状況にもかかわらず、
 安定したパンを作った工場の努力に感謝する。
・前回(3月)よりパン全体のレベルが向上し、基準点(80点)のパンを探すのが難しくなった。
・天候や気温の変化に左右されやすく製造が難しい道産麦で、全体的に良いパンに仕上がっている。
・北海道のパンの品質レベルの向上がみられる。今回はミルクパン、黒糖パンが良かった。
 今後も安定した供給をめざす工夫が大切である。


*品質検査の結果は広報179号(10月末発行予定)に掲載いたします。
 
<参考資料>
*当給食会には、パンは参考図のように大切にして送付されてきました。

 

 

成績表は下記のPDFデータをご参照ください。

平成23年第1回目パン品質審査成績表

2011-07-22
Copyright© 2013–2017 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ