【平成23年度】第2回全道学校給食用 パン品質審査会を開催

平成23年度第2回全道学校給食用 パン品質審査会を開催


平成24年3月2日(金)、北海道教育委員会 (財)北海道学校給食会主催の
平成23年度第2回全道学校給食用パン品質審査会が当会2階研修室で開催されました。
この審査会には、各市町村教育委員会を通して学校や調理場などで採取されたパンの審査が行われました。
北海道製粉連絡協議会の推薦及び当会の依頼による製粉会社の専門家5名、
当会職員1名を審査員として審査が行われました。
採取されたパンは審査員が選定した標準的なパンを基準(80点)とし、
パンの外観(皮色・形・焼上等)や内相(す立・色・香り・味・触感等)について審査が行われました。

講評から
当日、全道60工場でつくられた9種類(道規格8種ほか市町村独自規格)のパンについて審査が行われました。
・道産小麦粉でつくることの難しいなか、美味しいパンが出来ている。
・基準を設けて審査しているが、大きな差が見られなくなった。
・冬季の気候的な課題があるにもかかわらず、全体的に高い点数である。
・パンを通して、生産者・工場・配送、そして子どもの喜ぶ姿が見えてくる。


*審査会の様子から*



成績表は下記のPDFデータをご参照ください。

平成23年第2回目パン品質審査成績表

2012-03-02
Copyright© 2013–2017 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ