【平成24年度】第2回学校給食用パン品質審査会を開催

平成24年度第2回学校給食用パン品質審査会を開催しました


平成25年3月1日(金)、北海道教育委員会、(財)北海道学校給食会主催の
平成24年度第2回全道学校給食用パン品質審査会が当会研修室で開催されました。

審査会当日は、各市町村教育委員会を通して採取された、
59工場で作られた8種類のパンについて審査が行われました。
北海道製粉連絡協議会の推薦及び当会の依頼による製粉会社の専門家5名、
当会職員1名により審査を行いました。

採取されたパンを道規格(9種類)とそれ以外に区分し、種類別に標準的なパンを選定、
その評点を基準(80点)としました。
採点基準は、パンの外観(皮色・形・焼上等)と内相(す立・色・香・味・触感等)となります。
審査成績表は、広報「学校給食」185号(4月末発行予定)に掲載いたします。


講評より
・冬期間は発酵が難しいが、大変良い状態のパンであった。 
・各社とも、差がなく平均化して来ている。 
・外観の評価に限らず、内相の状態が良いものが目立った。 
・冬場の環境の難しさをクリアしてきている。 
・天板の汚れを解消すると、さらに良質のパンが期待されるものがあった。

 

 

成績表は下記のPDFデータをご参照ください。

平成24年第2回目パン品質審査成績表

2013-03-06
Copyright© 2013–2017 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ