今日のテーマは「ザンギ」について

北海道では、鶏のから揚げのことを「ザンギ」と呼んでいますが・・・

知っていましたか?
まず、ザンギという名は、釧路が発祥の地と言われています。
昭和35年頃に釧路市内の「鶏松」という焼き鶏屋さんが「ザーギー」をメニューに出したのが最初らしいのです。 ザンギは、中国の鶏のから揚げ「ザーギー」と呼ぶことと、加えて「運がつくように」という意味から運が良い「ン」が中に入って「ザンギ」と、「鶏松」のご主人が命名したようです。 北海道には、中国や満州からの引揚者が多かったということもあり、この名前が付いたのかもしれませんね。

ザンギには、鶏のザンギのほか、タコザンギ・イカザンギなどがあります。
今日、皆さんが食べているのは、「鮭ザンギ」です。
北海道ならではの、「鮭」と「ザンギ」を組み合わせて、提供します。
しっかり味わって食べて欲しいと思います。

2014-03-13
Copyright© 2013–2017 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ