レシピ・食品管理システム 投稿レシピ:"恵方巻き風の手巻きいなり寿司(きゅうり・チーズ)"

publicpages/displayrecipe
恵方巻き風の手巻きいなり寿司(きゅうり・チーズ)

主要栄養素(1人分)

エネルギー: 536kcal タンパク質: 16g
脂質: 13.2g カルシウム: 204mg
鉄分: 2.7mg 食物繊維: 3.3g
2月の行事と言えば「節分」です。
日本には春夏秋冬の四季があり、暦の上ではそれぞれの季節が始まる日を「立春」「立夏」「立秋」「立冬」といい、これらの前日を「節分」といいます。2月の節分は、雪に閉ざされたもっとも寒くて厳しい節分です。昔は、病気や火事、地震などの『わざわい』は、鬼が持って来ると信じられていました。そこで、「鬼は外」「福は内」の掛け声で豆まきして鬼を追い払い、健康や幸せを願いました。柊(ひいらぎ)の枝にいわしの頭を刺し、魔よけとして玄関に飾ったり、いわし料理を食べる地域もあります。節分の行事食として、今や豆まきと同じくらい有名になった恵方巻きは、近畿地方で始まったとされている巻き寿司です。この『恵方巻』にちなみ、給食では油揚げがたっぷりの『手巻きいなり寿司』にしました。

材料[1人分]

# 材料名 分量 リンク
1 精白米 90g ---
2 さとう 6g ---
3 9g ---
4 0.6g ---
5 1g ---
6 水    適量 0g ---
7 具)油揚げ(油抜きして薄切り) 25g ---
8   にんじん  千切り 10g ---
9   干しいたけ 千切り 1g ---
10   ひじき 0.5g ---
11   さとう 4g ---
12   酒 1g ---
13   みりん 1g ---
14   水 15g ---
15 手巻き用)スティックチーズ 1本 15g ---
16      スティックきゅうり   2~3本 30g ---
17     手巻き用焼きのり5枚 4g ---

作り方

1
①ひじき、干しいたけを水でもどしておく。
②炊飯器に米と調味料を加えて炊飯し酢飯を炊く。

③油揚げ、にんじん、干しいたけ、ひじきを煮て、煮汁が無くなるまで味を含ませる。
①ひじき、干しいたけを水でもどしておく。 ②炊飯器に米と調味料を加えて炊飯し酢飯を炊く。 ③油揚げ、にんじん、干しいたけ、ひじきを煮て、煮汁が無くなるまで味を含ませる。
2
④炊きあがった酢飯に③の具を混ぜる。
④手巻き用焼きのりに④のすしをのせてチーズ、きゅうりを巻いていただきます。
④炊きあがった酢飯に③の具を混ぜる。 ④手巻き用焼きのりに④のすしをのせてチーズ、きゅうりを巻いていただきます。
3
〈行事食用手巻用焼きのり〉
・行事ごとに可愛らしいデザインがあります。周年行事等のオリジナルにも対応いたします。
・ご注文は当会HPより、専用用紙を印刷のうえ、FAXにてお願いいたします。
〈行事食用手巻用焼きのり〉 ・行事ごとに可愛らしいデザインがあります。周年行事等のオリジナルにも対応いたします。 ・ご注文は当会HPより、専用用紙を印刷のうえ、FAXにてお願いいたします。
4
〈恵方巻き〉
〈恵方巻き〉