今日のテーマは「いい歯の日」について

    

 11月8日は「いい歯の日」です。11月8日の「118」が「いい歯」の語呂合わせ
で、
日本歯科医師会が歯の健康増進の啓発のために作った記念日です。

 みなさんはむし歯がない健康な歯を保てていますか?
 歯は食べ物をしっかりかむためにとても大切です。
 健康な歯を保つと、将来にわたって、美味しく楽しく食事ができます。
 今日は、よくかんで食べることの大切さや、歯と口の健康を保つため

 心がけたいことをお伝えします。


1 よくかんで食べましょう!

  よくかむことの効果
 (1)  脳の中の満腹中枢が刺激されて満腹感を感じ、食べ過ぎを防ぎます。
 (2)  唾液が出て、食べ物の飲み込みや消化・吸収を助けます。
 (3)  食べ物本来の美味しさを感じることができ、味覚が発達します。
 (4)  顔の筋肉が発達すると、言葉を正しく発音できるようになり、顔の表情も豊かに
   なります。
 (5)  あごの筋肉を動かすことで脳の血流が増え、脳を活性化します。
 (6)  歯の表面が磨かれ、唾液もよく出るようになり、虫歯や歯周病を予防します。

 


2 かむ回数を増やすために

 (1)  かみごたえのある食べ物を食べる 
   ・かたいもの
   ・繊維質が多いもの
   ・よくかまないと食べられないもの

   ※ かみごたえのある食品
   玄米や雑穀ごはん、ゴボウ、たけのこ、きのこ類、小松菜、もやし、イカ(するめ)、
   豆類、昆布、油揚げ、りんごなど。

 (2)  かみごたえをアップさせる

   ・かたさが増すほど、かむ回数が多くなります。
   ・料理の具が大きいと、自然とよくかむことができ
    ます。

   ・水分を加えない、焼き魚などはよくかむ料理です。

 (3)  飲み物や汁ものなどの水分で流し込まない

    食べる際に食べ物をよく噛まないで、水分で流し込みながら食べる習慣を付けな
   いようにしましょう。

 

 

2020-10-28
Copyright© 2013-2020 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ