今日のテーマは「ひなまつり」について

 

 3月は「ひなまつり」、「卒業式」と一年を締めく 
くる行事があります。この「ハレの日」に旬の食材
を頂き、子どもたちの記憶に残る思い出を残したい
ものです。四季がある日本は、季節ごとに旬のおい
しい食材が手に入る、豊かな国。昔から「ハレの日」
には、旬の食材を頂いて邪気を祓い、家族の健康を
願ってきました。同時に育まれてきたのが、季節を慈しみながら自然に感謝するというここ
ろ。「行事食」は後世まで伝えていきたい、日本の美しいならわしです。​

 

 

「ひなまつり」の由来とは


 江戸時代に幕府が節句を5つに絞り、公的な行事や祝日として「五節句(ごせっく)」を
定めました。五節句は、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」、3月3日の「上巳(じょ
うし)の節句」、5月5日の「端午(たんご)の節句」、7月7日の「七夕(しちせき)の
節句」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」の5つ。

 中でも、3月3日の「上巳(じょうし)の節句」は、川で身を清めたり、宮中で宴席を催
すなどして災厄(さいやく)をはらう中国の習わしと、「禊祓(みそぎはらい)」の思想や
「人形(ひとがた)」を流す日本の伝統文化が融合し、のちに雛人形(ひなにんぎょう)を
飾る「ひなまつり」となったといわれています。

 

 

「ひなまつりのそなえもの」の意味とは


 菱餅(ひしもち)
 菱餅とは、桃色・緑色・白色の餅を3段に重ね、菱形に切ったものです。菱
餅の3色には諸説ありますが、桃色には「魔除け」、緑色には「長寿や健康」、
白色には「清浄」とそれぞれの意味があります。

 ちなみに菱餅が菱形になったのは江戸時代から、3色になったのは明治時代
からといわれています。

 ひなあられ
 ひな祭りの代表的なお菓子です。その味は、甘い関東風に対し、関西風は醤
油や塩を効かせた味付けが特徴的です。

 一般的なひなあられには、「赤・緑・白」の色が付いており、赤は血や生命、
緑は自然の息吹、白は雪が降り積もった大地など、それぞれに意味を持ちます。

 はまぐり
 二枚対(にまいつい)になる貝殻(かいがら)でなければ、ぴったりとキレ
イに合わないはまぐり。そのことから、仲むつまじい夫婦を表し、「一生一人
の人と仲良く添いとげるように」という願いが込められ、はまぐりのお吸い物
が食べられるようになったといわれています。

 白酒(しろざけ)
 古代中国では「上巳(じょうし)の節句」に飲まれていた、桃の花びらを酒
に浸した桃花酒(とうかしゅ)。桃は邪気(じゃき)を払う仙木(せんぼく)
であり、また、桃が百歳(ひゃくさい)を表す「百歳(ももとせ)」に通じる
ことから、桃花酒は薬酒(やくしゅ)としても飲まれていました。  

 江戸時代からは、桃花酒に代わり「白酒(しろざけ)」が登場し、ひな祭り
に飲むお酒として定着しました。

 

2021-02-08
Copyright© 2013-2021 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ