今日のテーマは「ブリ」について

 

 北海道におけるブリの水揚げが好調です。海水温上昇でブリの産卵場所が北に広がり、
ブリの資源量が増大したことが要因となっています。

 

 

 

 ブリの詳細について

 スズキ目アジ科に属する温帯性の回遊魚です。
 ブリは漢字で書くと「鰤」。師走(12月)になると脂が乗っておいしくなる魚だからこ
の漢字になったと言われています。
 また、「出世魚」と呼ばれ、日本では縁起の良い魚として知られ、門出を祝う席など
の料理によく使われる食材の一つです。その大きさによって呼び方が変わります。この、
出世順の呼び方は、地域によってバラバラですが、北海道では、フクラギ→イナダ→
ブリ、と呼んでいます。
 体重が1kg未満のものは「フクラギ」、または「フクラゲ」。1kg から5kg未満のも
のは「イナダ」。5kg以上のものを「ブリ」と呼んでいます。秋のころのフクラギにつ
いては以前から出回っているので、見慣れている北海道民も多いと思いますが、最近は、
それより出世したイナダやブリも、スーパーなどで販売されるようになりました。

 

 ブリの栄養について

 ブリは良質のたんぱく質と脂質を豊富に含んでいます。日本食品標準成分表2015年
版(七訂)によると、100gの天然ブリに含まれるたんぱく質は21.4g、脂肪酸総量は
12.49g。そのうち多価不飽和脂肪酸は3.72gで、ヒトが体内で合成できない成分も
多く含まれています。

 

 

「ブリ」 レプリカ (公財)北海道学校給食会 貸出用

 

 

 

2020-10-01
Copyright© 2013-2020 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ