今日のテーマは「マイワシ」について

 

 

 今年も道東沖の「マイワシ漁」が好調です。大型の巻き網船団による「マイワシ漁」は
6月下旬から10月下旬まで行われます。
 道東沖のマイワシは小さくても脂のりがいいのが特徴です。

 

 イワシの名前・詳細について
 ニシン目ニシン科マイワシ属
 地方名:おおばいわし(岩手、新潟)、ちゅうばいわし(新潟)、ななつぼし(北海道、

岩手、新潟)、ひら(宮城)、ひらご(高知)、Japanese pilchard (英)と呼ばれます。

 

 マイワシの資源水準は数十年周期で大きく変動し、それとともに分布範囲も大きく変化
しています。資源の高水準期には日本海近海を中心に、黄海・東シナ海から日本海全域と
北西太平洋に広く分布し、低水準期には中部日本以南の近海域に分布域が縮小します。
春~夏に北上回遊して餌を探し、秋~冬に南下回遊して産卵・越冬します。
 産卵期は12~6月までと長く、盛期は太平洋で2~3月、日本海で3~6月となり
ます。

 

 マイワシの栄養素は、「タンパク質」、「鉄分」、「カルシウム」が多く、特に「脂肪」
には高度不飽和脂肪酸のEPAとDHAが多く、生活習慣病の予防や脳の活性化に有効です。
学校給食の献立には、「フライ」をはじめ、「煮つけ」、「つみれ」、「ムニエル」
など様々な魚料理として活用されています。

 

「マイワシ」 レプリカ (公財)北海道学校給食会 貸出用

 

 

2020-09-14
Copyright© 2013-2020 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ