今日のテーマは「北海道の小麦」について

「北海道の小麦」について

 

北海道の学校給食パンの原料は、北海道の広大な畑で生育された小麦です。
収穫した小麦は、粉砕して小麦粉にします。この粉にすることを製粉といいます。
北海道には製粉会社がたくさんあります。

小麦の食べ方はいろいろありますが、ほとんどが小麦粉を水で練って加工したものです。
パンの他にラーメンやうどん、パスタ、ケーキやクッキーも小麦粉を原料としますが品目
によって適する小麦を選定、又はブレンドしています。

 

1、種類

 〈硬質小麦〉
  たんぱく質が多い。粒が硬く強力粉に加工されパンや中華麺に向く。
    北海道で栽培されている品種としては「春よ恋」「ゆめちから」等。

 〈中間質小麦〉
    たんぱく質の含有量は中間くらい。中力粉に加工され、うどんに向く。
    北海道で栽培されている品種としては「きたほなみ」等。

 〈軟質小麦〉
    たんぱく質の含有量は少ない。粒はやわらかく薄力粉に加工。
    ビスケットやケーキ、天ぷら粉になる。

 〈デュラム小麦〉
    硬質小麦でパスタ専用小麦。地中海沿岸のような乾燥した地域でしか
    栽培できないため日本では生産されていない。
  北海道ではデュラム小麦に近い超硬質小麦「ルルロッソ」が一部地域
    で栽培されている。

 

2、栽培

北海道の小麦は,9月に種をまく「秋まき小麦」と4~5月に種をまく「春まき小麦」がある。
北海道では主に「秋まき小麦」が栽培されている。

 

3、主な品種

●春よ恋 (春まき・硬質)
●はるきらり(春まき・硬質)
●ハルユタカ(春まき・硬質)
●きたもえ(秋まき・中間質)
●きたほなみ(秋まき・中間質)
●ゆめちから(秋まき・硬質)
●キタノカオリ(秋まき・硬質)

2018-04-04
Copyright© 2013–2018 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ