今日のテーマは「手洗い」について

 

 コロナ禍の影響を受け、短い夏休みが終わり、二学期がスタートしました。

学校でも「新しい生活様式」の取組が進められております。

 感染症対策として家庭や学校では「手洗い」が実践されているところです。

今日はあらためて、「手洗い」のポイントについて確認してみましょう。

 

 

こんな時は手を洗いましょう


 手洗いの目的は、手から汚れを洗い落して清潔にすることです。目に

見える汚れのほかにも、目に見えないウイルスや細菌などがついていること

があります。 体内にウイルスや細菌を持ち込まないようにしっかり手を洗

いましょう。

また、洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしましょう。


 ・家に帰った時
 ・鼻をかんだ後
 ・トイレの後
 ・料理をする前
 ・生の肉や魚、卵に触った後
 ・食事の前
 ・動物に触った時 など


※ 手を洗ったあとの消毒用アルコールは、手の水気をとってから使いましょう。​

 

一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?(厚生労働省)

 

 

2020-08-19
Copyright© 2013-2020 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ