今日のテーマは「枝豆」について

 

「枝豆」は、大豆をまだ青いうちに収穫したものです。

通常は「枝豆」として未成熟時に収穫するのに適した品

種を用います完熟すると大豆になります。枝豆は大

を未成熟のうちに収穫して食べるようにしたものなので、

大豆が穀物であるのに対し、枝豆は野菜として分類されます。

 

 「枝豆」は、カロテンやビタミンCが豊富に含まれ、しかも大豆の栄養成分である

のタンパク質や抗酸化成分も含んでいます。枝豆の種類は400品種以上といわれています。

 流通量が多く、一般的に出回っているのが「白毛豆(青豆)」で、鮮やかな緑色にうぶ

毛が生えています。早生か晩生か、また粒の大きさの違いなどによってさまざな品種が

あります。

 

 

 

 地方在来品種「茶豆の枝豆」は豆の薄皮が茶色いのが特徴。豆は一つのさやに2粒と小

さいながら、甘みが強く独特の風味もあります。山形県庄内地方の「だだちゃ豆」や新潟

県黒崎村(現在は新潟市)の「黒崎茶豆」などが有名です。

 

 「黒豆の枝豆」は黒豆が成熟する前の未熟なもので、さやの中で黒くなる前に収穫する

ので、豆の薄皮がうっすらと黒みを帯びています。大粒で甘みとコクがあります。

 

 学校給食の献立には、「茹で枝豆」をはじめ、「ソテー」、「サラダ」、「肉じゃが」

「カレー」など様々な料理に栄養と彩りを添えています。

 

 

 

2020-08-19
Copyright© 2013-2020 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ