今日のテーマは「野菜は、1日350g以上食べましょう!」

野菜は、1350g以上食べましょう!

 

厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21」では、1日350g以上の野菜を

食べることを目標にしています。

 

北海道民の野菜摂取量は、男性が276gで全国35位、女性は280gで13位と十分

には摂れていません。(平成28年 国民健康・栄養調査)

また、子どもの野菜摂取量は、給食のない土日や休みの日にはさらに少ないとの調査結果

があります。

 

なぜ野菜を1日350g以上食べる必要があるのでしょうか?

 

野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維などの人体に必要な栄養素が含まれています。

これらの栄養素は、体の調子を整えるだけでなく、循環器系疾患やがんなどの生活習慣病

を予防する働きがあります。

また、含まれる栄養素が異なるため、多くの種類の野菜で350gを食べることも必要です。

 

 

野菜350gは、野菜料理5皿(170g)に相当します。

めやすとして、毎食1~2皿を目指しましょう!

 

・野菜を効率的に食べるには3食きちんと食べることが大切です。

・時間がない場合は、冷凍野菜(ブロッコリー・コーン)やカット野菜を利用しましょう。

・具だくさんの汁ものやカレー、鍋料理を定番料理にしましょう。

・外食の場合は単品ではなく、定食や野菜の多いメニューを選びましょう。

 

日々の食事から野菜350gを意識し、健康な体づくりを心がけていきましょう。

 

 

 

※当会では「野菜1日350g指導フードモデル」などの貸し出しを行っております。

 

2018-11-15
Copyright© 2013–2019 公益財団法人 北海道学校給食会 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ