今日のテーマは「小豆」について
魅惑の赤い穀物、小豆

小豆はかつて「赤いダイヤ」と呼ばれ、先物取引の花形でした。これは、冷害等によって収穫量が数倍の幅で頻繁に増減し、単価が乱高下したことによります。 現在でも価格の変動はありますが、農地の改良と栽培技術の向上、そして冷害等に強い品種の育成により生産は安定し、収穫量の変動幅はかなり小さくなりました。平成30年全国の小豆の生産量は42,100tで、大半を北海道が占めています(約93%)。北海道の他、丹波(京都府・兵庫県)・備中(岡山県)が小豆の三大産地と言われています。

(参照データ):農林水産省「作物統計」平成30年(2018年)

小さな粒からひろがる世界
豆といえば大豆が代表的ですが右の図のように、小豆も日本の食文化に深く根付いていることがわかります。 azuki2.jpg

azuki3.jpg

(引用):2008年6月発行

(公財)日本豆類協会(旧:財団法人 日本豆類基金協会)「豆で食育!実践ガイド」より

小豆の種類と栄養
◇種類

小豆は大きく分けて普通小豆と、一回り大きい大納言小豆があります。大納言は小豆の中でも特に大粒で、煮ても皮が破れにくい特徴を持っています。

◇栄養

乾燥豆100g当たり たんぱく質20.8g、食物繊維24.8g、鉄分・カルシウムなどのミネラル類、ビタミンB群も豊富に含まれています。

学校給食用物資取扱商品

azuki5.jpg