今日のテーマは「夏を元気に過ごそう」

朝顔.jpg

 近年は夏の初めから30℃を超える暑さや湿度の高い日が続いて、体温調節がしにくくなります。そのため、体力が低下したり、食欲不振などの不調を感じたり、いわゆる「夏バテ」の症状が出てきます。北海道でも、蒸し暑い日が多くなってきているようです。本格的な夏になる前に、夏バテにならないように元気に過ごす準備をしましょう。

1 朝ごはんを食べましょう

決まった時間に、しっかり食べて生活のリズムを整えましょう。

朝食.jpg

2 冷たいもののとりすぎに注意しましょう

暑いと冷たい飲み物や食べ物を選びがちですが、胃腸の働きが悪くなり食欲がなくなってしまうことがあります。アイスクリームやジュースなどはほどほどにして、夏こそ温かい食事と、常温の飲み物や温かい飲み物で胃腸を守りましょう。

3 野菜を多く食べましょう

トマト、なす、ピーマンなどの夏にとれる野菜は体の調子を整えるビタミン類が多く含まれています。汗とともに流れたビタミンを補うのに最適です。

4 水分補給をしっかりしましょう

私たちのからだは、気温が高くなると汗をかいて体温を調節しています。こまめに水やお茶を飲んで熱中症を防ぎましょう。

水分補給.jpg

5 食中毒に気を付けましょう

気温が高くなると、細菌が繁殖しやすくなります。作った料理は早めに食べるようにしましょう。冷蔵庫も過信は禁物です。

食中毒.jpg

6 冷房の当たりすぎに注意しましょう

1日中冷えた部屋ばかりにいると、胃腸の働きや体温調節する働きが悪くなります。