レシピ・食品管理システム Topページ

高野豆腐とじゃがいものコロコロ炒め

高野豆腐の原料は、“畑の肉”とも呼ばれ、良質なタンパク質・脂質に加えて様々な体に良い成分を含んでいる大豆です。
大豆からつくった豆腐を凍結後に乾燥させた保存食が高野豆腐です。高野豆腐を水分で戻すとスポンジ状になり、だし汁で煮込んで食べます。
高野豆腐に味を含ませて揚げると肉のような食感になります。じゃがいもと合わせて食べ応えのある一品です。
カテゴリ:炒め物

チャプチェ(春雨の炒めもの)

韓国料理のひとつで春雨の炒めものです。
細切りにした牛肉や野菜、きのこ・春雨をそれぞれ別にごま油で炒めて調味し、混ぜ合わせてつくります。
チャプチェは、しっかりとした味付けなのでご飯にも合います。
ご飯にチャプチェをのせた「チャプチェパッ(チャプチェご飯)」も人気メニューです。
カテゴリ:炒め物

フェイジョアーダ(ブラジル)

ブラジルといえば、サッカー王国。
ペレ、ジーコ、ネイマールなど有名選手がたくさんいます。
ブラジルのリオデジャネイロで開催される『リオのカーニバル』も世界最大級のお祭りです。
よさこいソーラン祭り(札幌)の様に、グループによるコンテスト形式で開催されています。
ダンサーの踊りが注目されますが、200名以上から奏でられる伝統打楽器のサンバのリズムと山車が会場を盛り上げます。
フェイジョアーダは、たっぷりの肉と豆を煮込んだ料理で栄養満点。祭りの原動力となる食べものです。
サッカーが強いのもこの料理のおかげかもしれません。
カテゴリ:煮物

豚とお豆のフェイジョアーダ風カレー(ブラジル)

フェイジョアーダは、ブラジルの代表的な豆と肉の煮込み料理。
日本のみそ汁のような家庭の味で毎朝食卓にのる料理だそうです。
ブラジルサッカーの強さは栄養たっぷりの『フェイジョアーダ』のおかげかもしれませんね。
フェイジョアーダの味付けは、基本しお味ですが、アレンジしてカレーにしてみました。
豆は北海道産の金時豆、小手亡豆、黒豆を使っています。
カテゴリ:丼飯・カレー等

ミネラルたっぷり!かみかみサラダ

茎わかめ、大豆とたっぷりの野菜を糸かまぼこで合わせたミネラルたっぷりの和風サラダです。
カテゴリ:あえ物

鮭と大豆のべっこう煮

函館で水揚げされた秋鮭と北海道産の大豆と共に唐揚げにし、味噌と黒糖を使ったべっこう煮に仕上げました。
隠し味のケチャップが味の決め手で旨味とコクをアップさせています。
脂の少ない秋鮭ですが、甘辛な味付けがご飯によく合い、子どもたちにも人気です
りんごは、隣町の七飯町産です。つがるや王林、レッドゴールド等の品種を学ぶ機会としています。
海と大地の両方の恵みが受けられる食材の宝庫である函館に誇りを持って欲しいと願っています。
カテゴリ:揚げ物

十勝黒豆バターチャーハン

栄養のバランスが抜群のチャーハンです。
バターしょうゆ味で食欲がすすみます。

正月のおせち料理でお馴染みの黒豆は、大豆の品種の一つで平安時代から食べられています。
お正月に黒豆を食べるのは黒色は邪気を払って災いを防ぐという意味と、マメで達者に過ごせるようにと願いをこめたからです。また黒豆には、体に良い成分が多いので古来から薬としても珍重されていました。
黒豆の黒は、アントシアニン色素で目の健康に役立ちます。
黒豆には鉄分が多く含まれ、貧血の予防をします。
食物繊維は腸内環境を整え便秘の解消をします。
黒豆には、欠かせない栄養成分がたくさん含まれています。

カテゴリ:変り飯

冬至かぼちゃ(北海道)

冬至は、毎年12月22日前後にあります。
1年でいちばん昼が短く、夜が長い日です。
寒さは、ますますきびしくなりますが、冬至を過ぎると少しずつ昼が長くなっていきます。
冬至にかぼちゃを食べると、『長生き』するといわれます。
ビタミンが豊富なかぼちゃを食べて、寒い冬を元気にすごそうという昔からの生活の知恵です。
かぼちゃは、北海道では開拓時代から貯蔵できる重要な食料でした。冬至の日には、「冬至かぼちゃ」と呼ばれる、かぼちゃとあずきを炊いた料理が食卓にのぼるごちそうでした。
「かぼちゃのいとこ煮」という料理名で呼ぶ地域もあります。
かぼちゃとあずきは同じ畑で育った、いとこのように親しいなかまという意味だそうです。
カテゴリ:煮物

十勝 ぶたどん

歴史がある十勝(帯広市)の郷土料理。薄く切った豚肉を炭火やフライパンでこんがり焼いて、甘辛いしょうゆだれにからませてごはんにのせた丼です。発祥は、1933年(昭和8年)、帯広駅前の「ぱんちょう」です。店主さんは、鰻丼(うなどん)をヒントに、手軽に豚肉を味わえる料理として開発しました。
雄大な大地に恵まれ、日本有数の農業地帯でもある十勝地方ですが、開拓の歴史は険しいものでした。十勝開拓の父といわれる依田勉三(よだべんぞう)が北海道開墾を目的に「晩成社(ばんせいしゃ)」を結成したのが1882年(明治15年)。それから50年間開拓を続けましたが、干ばつ、長雨、寒気、病気などで困難を極めました。「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」(人と家畜が食料を分け合った)という開拓時代の厳しい暮らしをうたった言葉が残されています。「豚丼」には、十勝開拓に大きな役割を果たした豚を大切にしてきた歴史があるのです。
カテゴリ:丼飯・カレー等

冬至かぼちゃ(北海道)

冬至は、毎年12月22日前後にあります。
1年でいちばん昼が短く、夜が長い日です。
寒さは、ますますきびしくなりますが、冬至を過ぎると少しずつ昼が長くなっていきます。
冬至にかぼちゃを食べると、『長生き』するといわれます。
ビタミンが豊富なかぼちゃを食べて、寒い冬を元気にすごそうという昔からの生活の知恵です。
かぼちゃは、北海道では開拓時代から貯蔵できる重要な食料でした。冬至の日には、「冬至かぼちゃ」と呼ばれる、かぼちゃとあずきを炊いた料理が食卓にのぼるごちそうでした。
「かぼちゃのいとこ煮」という料理名で呼ぶ地域もあります。
かぼちゃとあずきは同じ畑で育った、いとこのように親しいなかまという意味だそうです。
カテゴリ:煮物

エスカロップ(根室)

根室市は、北海道の最も東側あります。納沙布(のさっぷ)岬からは日本で一番早く「朝日」を見ることができます。
エスカロップは、水産都市根室ならではのボリュームのあるワンプレート(一皿に盛りつけた)料理で、地元では「エスカ」と呼ばれて親しまれています。
タケノコ入りのバターライスに薄切りのトンカツをのせて、デミグラスソースをかけた料理です。
名前の由来はフランス語の「エスカロープ」 escalope (肉の薄切り)からつけられたそうです。
市内の飲食店から発祥した料理ですが、今では“花咲ガニ”に次ぐ名物です。

カテゴリ:丼飯・カレー等

ザンギ(北海道)

北海道では、鶏の唐揚げを「ザンギ」と呼びます。
釧路発祥と言われているザンギのいわれは諸説ありますが、昭和35年頃に地元の割烹「鳥松」が中華料理の鶏の唐揚げ「ザーギー」をメニューとして出す際に、運が付くように「ン」を加え名付けたのが始まりと言われています。(釧路市HPより)
釧路では、甘辛いタレをかけたザンギ「ザンタレ」も親しまれています。さっぱりと食べられる「ねぎだれ」も人気です。
北海道の地元の食材を使った「鮭ザンギ」「くじらザンギ」「たこザンギ」もあります。
ザンギという言葉には「唐揚げにしたもの」という意味もあり『北海道のザンギ』は進化し続けているのです。
カテゴリ:揚げ物

恵方巻き風の手巻きいなり寿司(きゅうり・チーズ)

2月の行事と言えば「節分」です。
日本には春夏秋冬の四季があり、暦の上ではそれぞれの季節が始まる日を「立春」「立夏」「立秋」「立冬」といい、これらの前日を「節分」といいます。2月の節分は、雪に閉ざされたもっとも寒くて厳しい節分です。昔は、病気や火事、地震などの『わざわい』は、鬼が持って来ると信じられていました。そこで、「鬼は外」「福は内」の掛け声で豆まきして鬼を追い払い、健康や幸せを願いました。柊(ひいらぎ)の枝にいわしの頭を刺し、魔よけとして玄関に飾ったり、いわし料理を食べる地域もあります。節分の行事食として、今や豆まきと同じくらい有名になった恵方巻きは、近畿地方で始まったとされている巻き寿司です。この『恵方巻』にちなみ、給食では油揚げがたっぷりの『手巻きいなり寿司』にしました。


元レシピ 鮭 1g  こちら00g  水の頭に*入れる? 油揚げの酒 元レシピ1g こちら4g
カテゴリ:変り飯

中華ちらし(帯広市)

道東では、手早く調理できるワンプレートの料理が『郷土の味』として定着しています。とても寒い地方なので調理時間も短くて、短時間で食事できることも働く人たちの条件だったのかも知れません。そういえば、豚丼やエスカロップなどもワンプレートですね。
中華ちらしの発祥は、帯広市内の中華料理店の『まかない』(従業員の食事用に作られる料理)からと言われています。
白菜、たまねぎ、もやしなどの野菜、イカ、ホタテ、エビなどの海産物、豚肉を炒めて、炒り卵を加え、白米のご飯にかけます。
味付けはあんかけ風ではなく砂糖や醤油を使った和風味でさっぱりとしています。香ばしい炒め油の香りが食欲をそそる丼です。

カテゴリ:丼飯・カレー等

いかめし(渡島地方、森町)

「いかめし」は北海道の郷土料理。
いかの胴体にお米を詰めて、しょうゆと砂糖で甘辛く炊きあげた料理です。
函館本線の森町の駅弁として全国的に有名になりました。
森町は北海道の南部で噴火湾に面した港町です。
戦後のお米が不足していた時代にスルメイカがたくさんとれていました。少ないお米でお腹いっぱい食べるために、イカにお米をつめた料理を考えたそうです。
函館では、給食にも登場します。
カテゴリ:米飯

ガタタン(芦別市)

かつて炭鉱の町であった芦別市の伝統的料理。炭鉱で働く人たちに愛され、今も受け継がれています。 発祥は、第二次世界大戦後、中国の家庭料理をヒントに創作されました。
たっぷりの野菜と豚肉、魚介類や卵など10種類以上の具が入ったトロミのある中華風スープです。
カテゴリ:汁物

フェイジョアーダ(ブラジル)

ブラジルといえば、サッカー王国。
ペレ、ジーコ、ネイマールなど有名選手がたくさんいます。
ブラジルのリオデジャネイロで開催される『リオのカーニバル』も世界最大級のお祭りです。
よさこいソーラン祭り(札幌)の様に、グループによるコンテスト形式で開催されています。
ダンサーの踊りが注目されますが、200名以上から奏でられる伝統打楽器のサンバのリズムと山車が会場を盛り上げます。
フェイジョアーダは、たっぷりの肉と豆を煮込んだ料理で栄養満点。祭りの原動力となる食べものです。
サッカーが強いのもこの料理のおかげかもしれません。
カテゴリ:煮物

鮭と大豆のべっこう煮

函館で水揚げされた秋鮭と北海道産の大豆と共に唐揚げにし、味噌と黒糖を使ったべっこう煮に仕上げました。
隠し味のケチャップが味の決め手で旨味とコクをアップさせています。
脂の少ない秋鮭ですが、甘辛な味付けがご飯によく合い、子どもたちにも人気です
りんごは、隣町の七飯町産です。つがるや王林、レッドゴールド等の品種を学ぶ機会としています。
海と大地の両方の恵みが受けられる食材の宝庫である函館に誇りを持って欲しいと願っています。
カテゴリ:揚げ物
< 前へ 1 2